XMへの入金方法

海外FXの状況は時間が経つにつれ変化していきます。記載されている情報がお読みになっている時点で正確であるとは限りません。こちらは2022年5月時点での情報です。

XMではどんな入金方法が利用できる?

このページではXMへの入金方法について説明します。

XMへの入金方法は、日本国内におけるFX業者への入金方法と大きく異なります。

例えば、

・銀行と連携してクイック入金することができない

・クレジットカードから入金可能

・Bitwallet、SticPayなど電子ウォレットによる決済が可能


このような特徴があり、XMでは多くの入金方法が用意されています。

手数料や出金時の注意事項もあるので、それぞれのメリットとデメリットをよく考えて入金方法を選択したいところです。

XMには次の入金方法があります。

入金方法一覧

  • クレジットカード(デビットカード)/VISA
  • クレジットカード(デビットカード)/JCB
  • 国内銀行送金
  • コンビニ払い
  • Bitwallet(ビットウォレット)
  • SticPay(スティックペイ)
  • BXONE(ビーエックスワン)
  • Voucher(バウチャー)

ネコポン
ではそれぞれの入金方法について説明していくよ~

XMへの入金方法1.クレジットカード(デビットカード)/VISA

XMではVISAカードで入金が可能です。

入金にはクレジットカードのショッピング枠、もしくは、デビットカードであれば銀行の口座残高を使います。

この辺りは慣れない方からしたら意外でしょう。現金が無くてもFXができます。

ですが、クレジットカードで入金した残高を銀行振込で出金したりはできません。

 

出金する場合は、クレジットの利用をキャンセルするという返品・返金の処理の形をとります。

このように海外FXでは、マネーロンダリングを防止する対策の一環として、入金額を超えるまでは入金方法と異なる方法での出金ができないようになっています。(JCBカードは例外,後述)

 

また、VISAなら何でも使用できるという訳ではなく、利用制限されているカードもあります。

FXボスネコ
バンドルは昔は使えてたけど、今は使えなくなったんだワ

XMへの入金方法2.クレジットカード(デビットカード)/JCB

同様に、JCBカードでの入金も可能です。

XMは以前はJCBカードに対応していなかったのですが、今は使えるようになっています。

 

ただ、JCBカードについては出金時にカードへの返金ができないようになっています。

基本的にXMではクレジットカードであれ、eウォレットであれ、入金元へまず出金するという原則がありますので、それから見ると例外的ですね。

 

JCBカードから入金して取引で得たお金は、元手・利益ともに銀行送金で出金する必要があります。

銀行はSWIFTコードがある銀行であれば指定できますが、確実に出金するためにはよく調べて出金の実績が豊富な銀行を利用するようにしたほうが安全です。

XMへの入金方法3.国内銀行送金

平日15時までなら、入金後30分~1時間で口座に反映されます。

急いでいる人にはあまり向いていません。特に15時以降は別の方法を利用できるように準備したほうが快適でしょう。

 

特筆するメリットは、出金する際に全額銀行送金で出金できることです。

クレジットカードやeウォレットから入金していると、特に慣れていないうちは出金が思うようにできなかったりしがちです。

XM側の入金手数料

1万円以上の入金をすると、入金手数料が無料になるので、入金した分が全て口座に反映されます。

1万円未満の場合は880円の手数料が差し引かれて口座に反映されます。

どちらの場合もこちら側(国内)の振込手数料はかかります。

ちなみに入金額には限度があり、一千万円が上限です。

XMへの入金方法4.コンビニ払い(Local Transfer)

XMではこれまでになかった入金方法、「コンビニ払い」が2020年より採用されています。

コンビニ払いの特徴はとにかくお手軽で、銀行やカードを通さずにコンビニで直接支払えるため、プライバシーを気にする方にも向いています。(利用できないコンビニもあり)

 

手数料は一律280円で24時間入金可能&即時反映してくれる優れた入金方法です。

入金額の範囲は1万円~20万円です。

 

ただでさえ便利な状態ですが、その上、出金方法を1つに絞れるというメリットまであります。

わずかですが手数料がかかることと、入金額の範囲が狭いというデメリットもありますが、他の入金方法にはない長所があることは確かです。

 

XMへの入金方法5.Bitwallet(ビットウォレット)

Bitwalletは海外FXを利用する多くの人が利用している電子ウォレットです。

XMの入出金にBitwalletを使えば入金は即時反映され、出金もかなり早く処理してくれます。

 

国内銀行からBitwalletに入金するには手数料が無料でとても便利ですが、Bitwalletにクレジットカードから入金をしようとすると手数料が8%かかります。

仮に10000円入金しようとすると、800円の手数料がかかるのですから、これはかなり大きいです。

XMで使えるクレジットカード、デビットカードがあるのでしたらそちらから直接XMに入金した方がよいでしょう。

バンドルカードなどXMで使えなくてBitwalletでは使えるカードでしたら、使う価値は大いにあります。

 

Bitwalletのもう一つの価値は、出金手数料が777円で済むことです。

XMから直接国内銀行へ出金を行うと、40万円未満の場合は2500円の手数料がかかってしまうのですが、Bitwalletの場合は手数料が抑えられます。

ただ、出金に関して一つ、XMでは利益の出金は銀行送金でしか行えず、Bitwalletでの出金は入金額と同額までしか行えないことに注意です。

 

XMはBitwalletを日本人向けの決済サービスと位置付けていることから、日本居住者で円口座を保有しているユーザーのみがBitwalletを利用することができます。

XMへの入金方法6.SticPay(スティックペイ)

Bitwalletは非常に経済的で便利な決済手段ですが、口座開設して利用できるまでの手続きが非常に煩雑なのがネックです。

SticPayならば、口座開設にたった3分、送金の手続きもとても簡単です。

 

また、STICPAYカードというものがあり、これはSTICPAYからチャージできるプリペイドカードです。

STICPAYカードは買い物に使用できる他、世界中にあるATMからSTICPAYの残高を引き出すことができます。

そう、まるで過去に流通していたNETELLER(ネッテラー)のようですね。

 

XMへの入金方法7.BXONE(ビーエックスワン)

BXONEは日本国内ではマイナーではありますが、BitwalletやSTICPAYのような電子ウォレットです。

仮想通貨の利用ができる点が他にない魅力と言えます。

また銀行送金や、仮想通貨での入金は全て手数料無料です。

しかしながら、日本円での入金ができるのは銀行送金のみであることや、クレジットカードでの入金ができないなど、不便な点が多々あります。

ホームページが英語でしか書かれていない点も安心して利用できない一因となるでしょう。

それでもSTICPAYのSTICPAYカードのように、BXONEではeZpayカードというプリペイドカードが利用できるなど、よい点もそれなりにある決済手段です。

XMへの入金方法8.Voucher(バウチャー)

無記名のVISAデビットカードでの入金ができた時期がありましたが、今はアイコンは表示されているものの、実際の利用はできなくなっています。

 

当サイトではご紹介しているEAを無料で配布しています

使ってみたいという方は、LINEの友だち追加をしてご連絡ください!

 

ネコポン
よろしくニャ~

友だち追加
※LINEのID検索の場合は「@641nrngz」(@は忘れずに)